Toshiba

東芝ITコントロールシステム株式会社

東芝のSCiB™とは

WHAT IS SCIB™

東芝のSCiB™は、安全性に優れた二次電池です。
酸化物系材料(チタン酸リチウム)の採用などにより、外力などで内部短絡が生じても熱暴走を
起こしにくくなっています。
また、充放電20,000回以上の長寿命、6分間での急速充電、キャパシタ並みの入出力密度、
-30℃の低温での動作等、優れた諸特性があります。

SCiB

大容量タイプ20Ahセル

モジュール

20Ahセルを2並列12直列(計24セル)に接続した2P12Sモジュールは電圧・温度を監視し、上位装置との通信が可能なCMUを実装しています。

リチウムイオン蓄電システム

モジュールを複数組み合わせることにより、各製品の蓄電池容量を実現しています。

SCiB

大容量タイプ20Ahセル

arrow
SCiB

モジュール

20Ahセルを2並列12直列(計24セル)に接続した2P12Sモジュールは電圧・温度を監視し、上位装置との通信が可能なCMUを実装しています。

arrow
SCiB

IPCS-LIB-X100

リチウムイオン蓄電システム

モジュールを複数組み合わせることにより、各製品の蓄電池容量を実現しています。

SCiB
安全性 安全性の高いチタン酸リチウム(LTO)を使用
蓄電池容量 20,000回*以上のサイクル寿命
低温性能 寒冷地(-30℃)でも使用可能
急速充電 6分*で充電可能
高入出力 大電流を出し入れ可能
広い実効SOCレンジ** 利用可能な容量が大きい

*ある特定条件下で実測した数値です。 **SOC:State of Charge:充電状態

特徴

FEATURES

大容量タイプ20Ahセルデータ

長寿命性能 〈サイクル特性〉

SCiB

20,000回以上のサイクル寿命

大容量タイプのセルにとって過酷な条件下で20,000回の充放電後も、70%以上の容量を維持しています。

長寿命性能 〈フロート特性〉

SCiB

フロート充電でも劣化が少ない

一般のリチウムイオン電池が苦手とするフロート充電*を行っても劣化が少なく、バックアップ電源などの一定電圧がかかり続ける用途でも安心してお使いいただけます。

*ある特定条件下で実測した数値です。 **SOC:State of Charge:充電状態

低温性能

SCiB

-30℃でも使用可能

蓄電池の充放電も化学反応なので、温度の影響を受けます。
SCiB™は、マイナス30℃の低温環境でも十分な放電が可能です。
また、充電する事もできますので、幅広い温度環境下での使用が見込まれる用途にも適しています。

広い実効SOC*レンジ

SCiB

SOC 0~100%で使用可能

SOC*の広い範囲に亘って高い入出力特性を持つため、SOC0~100%で使用可能。システムの電池搭載量の削減が可能。

※SOC:State of Charge:充電状態

急速充電性能

SCiB

6分間で容量の80急速充電

SCiB™20Ahセルは、6分間で電池容量の約80%以上の充電が可能です。