Toshiba

東芝ITコントロールシステム株式会社

健康経営 | 会社情報

HEALTH AND PRODUCTIVITY MANAGEMENT

健康経営宣言

当社の経営ビジョンである「幅広い技術力で、産業社会に新しい価値を提供し、自律的成長を目指す」の実現のためには、社員一人ひとりが「健康でイキイキと自律的に自らの能力を最大限に発揮し続ける」ことが重要です。当社は、最大の財産である社員の健康増進を経営の最重要課題と位置づけ、「健康経営」を積極的に推進します。

この実現のため、「安全健康方針」に基づき、各階層が以下の責務を確実に果たす体制を整備し、定期監視指標を定め、労働安全マネジメントシステムの構築・運用の中で継続的改善を目指していきます。

  1. 経営層(各部門のリーダー)は「健康経営」を率先垂範します。
  2. 管理職は、部下の健康を確実に配慮します。
  3. 健康スタフは、職場の健康文化の醸成に努めます。
  4. 社員は自律的に健康リテラシーの向上、健康増進に努めます。

健康経営推進体制

当社は東芝グループの経営理念に基づく【安全健康基本方針】を従業員が共有・実行するための体制づくりを行っています。経営会議、更に各部門の代表が参加する安全衛生委員会や各拠点で実施する安全衛生懇談会、職場代表者会議などをコミュニケーションの場とし、トップから全社員が共通認識を持てるよう努めています。

組織図

心身の健康づくりに向けた施策の展開

健康経営優良法人

当社では、社員の健康リテラシー向上に加え健康維持増進、課題の解消を目的にメンタルヘルス・生活習慣病などを基軸としたさまざまな施策を展開しています。
これらの取り組みの結果、日本健康会議より「健康経営優良法人2020」(大規模法人部門)に認定されました。

主要な施策

メンタルヘルス対策

  • 職場復帰プログラムの展開
  • 相談窓口の拡充
    • 社内担当窓口
    • 社外担当窓口(24時間365日体制)
  • 自殺予防対策
  • セルフケア/ラインケア教育
  • ストレスチェック

生活習慣病対策

  • 脳・心臓疾患対策
    • ハイリスク者への勤務区分
  • 健康教育の実施
    • 禁煙支援/就業時間内禁煙徹底
  • 医療職による面談
    • 事後措置面談の徹底実施
    • 要管理者への継続フォロー
  • 運動イベントの開催
    • チーム対抗歩数競争

その他

  • 治療と就業の両立サポート
  • 年代別教育の実施
    • 新入社員
    • 中堅社員
  • 女性への健康教育の実施
  • 健康インセンティブポイント制度
  • 巡回予防接種の実施
  • 時間外労働削減対策

取り組み実績

  • 定期健康診断受診率100%継続中
  • ストレスチェック回答率90%以上
  • 特定保健指導受診率80%以上
  • 職場復帰プログラム100%適用
  • 運動イベント(歩数競争)の実施2回/年
教育(女性健康教育)の実施

教育(女性健康教育)の実施

運動イベント

運動イベント