Toshiba

東芝ITコントロールシステム株式会社

SPCS-LIB010A

リチウムイオン蓄電システム

防災拠点所・BCP対策、再生可能エネルギーとの連系で地球温暖化対策に貢献
機能多彩でコンパクトに収納したオールインワンタイプの蓄電システム

spcs-lib010a
主な
納入場所
学校、公共施設、老人福祉施設、店舗、事務所、集合住宅
用途 地震や台風等の災害時のバックアップ電源。
再生可能エネルギーの自家消費や有効活用、負荷追従運転やピークシフトにより電気料金を削減します。
EV(電気自動車)充電器との連携で、非常時の充電手段を確保します。

特長

FEATURES

EV連携

再生可能エネルギーを活用したEV(電気自動車)充電で、さらに環境にやさしい移動手段をご提案します。
非常時のEV充電手段を確保、EVの電力を施設で有効活用することも可能です。
(EV連携システムには専用充電器が必要です)

再生可能エネルギー活用機能標準搭載

スケジュール運転の他、太陽光発電を優先的に消費電力に使用し、余剰分を蓄電池に貯め、不足分を蓄電池から放電する負荷追従制御が可能です。

蓄電池増設

標準搭載蓄電池容量は11kWh、最大176kWhまで増設することが可能です。
蓄電池増設単位は11kWh毎です。

自立運転時にも定格10kW(200V)出力

自立運転時も系統連系運転時と同様に10kWの出力可能なため、停電時にも多くの負荷を使用することが可能です。

コンパクト設計

屋内設置用、屋外設置用をラインアップ。屋外設置でもコンパクトサイズを実現しました。

仕様

SPECIFICATION

  • 仕様
  • 外形図
  • システム構成
仕様
型式 SPCS-LIB010A
系統入力 系統運系 単相連系
定格出力 10kW
定格電圧 202V ±20V
周波数 50/60Hz
蓄電池 種類 リチウムイオン二次電池
(東芝製:SCiB™)
容量 - 標準構成 11kWh
容量 - 最大構成 176kWh(11kWh単位で増設)
太陽光発電設備接続 ●(AC連結)
周囲環境 周囲温度 -10~40℃
周囲湿度 15~85% 結露なきこと
標高 1000m以下
設置場所 屋内・外共用
機能 自立運転
ピークシフト
ピークカット
デマンド制御 -
逆潮流抑制制御
ブラックアウトスタート
スリープモード -
上位通信 Ethernet(TCP/IP)
外部入出力 DO -
DI RPR/OVGR
パルス入力 -
アナログ入力 -
外形 寸法(標準構成) 1900H×700W×600D mm
塗装色(マンセル値) 5Y7/1 半艶
保守メンテナンススペース 前面1000mm、上部250mm
外形図
屋外位置
システム構成
特定負荷設備