TOSHIBA CAT非破壊検査システム 東芝ITコントロールシステムシステム株式会社
| ホーム | リンク集 | サイトマップ | よくあるご質問 |
製品紹介東芝ITCの技術お知らせお問い合わせお問い合わせ
製品紹介
ホーム >
産業用CTスキャナ
マイクロCTスキャナ
マイクロフォーカスX線検査装置
小型X線透視検査装置
インライン・オフライン検査装置
高速度X線透視検査システム
結晶方位測定装置
非破壊試験受託サービス
ナノフォーカスX線検査装置
スペーサーTXLamino

 
インライン・オフライン検査装置
TOSRAY / X's(エクシーズ)シリーズ
インライン仕様

■ 特徴

検査の自動化により製品の品質を確保

●検査の自動化により、製造工程へのフィードバックが行え製品の品質安定・ロスの削減を実現します。
また、検査データの数値化が可能となります。

●お客様のニーズにマッチした最適な検査システムを提案します。
・組立・試験・製造ライン組込型の専用装置が提案できます。
・ワーク形状に合わせた専用位置決め機構。
・検査タクトタイムの高速化対応。
・ティーチング機能により多品種製品検査可能、検査効率UP。
・カラータッチパネル使用などにより、操作が一段と簡単です。

●X線自動判定システム
・豊富な経験により蓄積されたX線画像処理技術を提供します。
・製品検査に最適な欠陥検出ソフトウェア(専用アルゴリズム構築)により、自動判定が可能になります。
・透視画像や結果・統計データ等の記録保存をはじめとして、ネットワーク接続等、お客様の要求仕様に対して対応が可能です。

※お客様のあらゆる御要求に積極的に提案をさせていただきますので、ご相談下さい。

リチウムイオン電池検査装置 リチウムイオン電池検査装置
リチウムイオン電池検査装置
アルミホイール検査装置
アルミホイール検査装置

■装置の基本構成例

装置の基本構成例

■適用事例

電池検査装置(X's-BTシリーズ)

透視画像例

あらゆる形状の電池の正負極間巻ずれ量を、画像処理により自動で測定し、良品・不良品に仕分けします。
製造ライン上流から電池を取込み検査し、自動判定結果により下流に排出します。

正極-負極の巻ずれ量を測定し、自動判別を行います。
(左図は透視画像例)

ケース内のセル位置ずれに対しても、自動で位置補正を行います。

・角形・円筒型(アルミ缶、鉄缶)電池や、Liイオン電池・Liイオンポリマー電池をはじめ、多数の製品に対応できます。
・着目部位の寸法管理や特徴抽出も可能です。
・製造ラインの速度に合わせ、検査タクトタイム高速化(1秒以下/個)にも対応可能です。
・OK品、NG品の仕分け方式も、製造ラインに合わせた提案が可能です。
・透視画像や測定結果データをログとして記録することができますので、ロット単位や製造年月日別の統計や傾向を簡単に把握できます。

アルミホイール検査装置(TOSRAY-100HSシリーズ)

鋳造機から生産されたアルミホイールをコンベアで取込、すやクラックの検査を行います。アルミホイールのサイズを自動で識別し、サイズに合わせた条件で検査可能。

アルミホイール検査装置

・ホイールサイズ13〜20インチまでのサイズの検査が可能です。

・品種に応じた検査条件をティーチング記憶するため、安定した検査が可能です。

・ディスク部、リム部、リブ部の全ての部位を検査可能です。

・その他の適用事例
パイプの溶接部検査装置、連続鋳造ノズル異物・欠陥検査装置、ボール検査装置、材料異物混入検査装置、基板穴あけ位置決め装置、タイヤ検査装置、自動車各種部品検査装置、鉄・アルミ鋳物検査装置、タービンブレード検査装置、等の各種製品検査に多くの実績が有ります。


※お客様のあらゆる御要求に積極的に提案をさせていただきますので、ご相談下さい。

一覧へ戻る
▲ページのTOPへ
| 東芝ITコントロールシステムトップページ | 個人情報保護方針 | (c)2008 TOSHIBA IT & CONTROL SYSTEMS CORPORATION All Rights Reserved.